Prime Video(アマゾン)

プライムビデオに登録する前に知っておきたい6つのデメリット・悪いところ

プライムビデオは、Amazonの有料会員であるPrime会員の特典の1つでありながら、料金の安さやオリジナル作品の面白さなど、プライムビデオ目当での会員が増えています。

コスパ最強なんじゃないか?と言われ、満足度が高いプライムビデオですが、もちろん、不満に思う点や改善して欲しい点があります。

プライムビデオに登録・加入する前に知っておきたいデメリットや不満点について詳しく紹介していきます。

長年プライムビデオを利用している私が教えよう

プライムビデオの知っておきたいデメリット・不満点

動画配信数は、他と比べると物足りなく感じる

  配信作品数
Amazonプライムビデオ 25,000以上
U-NEXT 120,000本以上
dTV 120,000本以上
Hulu 50,000本以上

なんと言ってもプライビデオは、Amazonの有料会員であるPrime会員の数ある特典の1つに過ぎません。

動画配信専門のサービスと比べると、どうしても動画配信数は見劣りしてしまいます

Prime会員の料金で見ても、年額プラン[3,900円]月額プラン[400円]と他の動画配信サービスより安いですし、動画配信数で勝負するのは無理な話しですよね。

専門じゃないうえ、安いのに健闘してるほうだと思うがな

最新作が少ない

プライムビデオでの最新作は期待しない方がいいぞ

プライムビデオでは、最新の映画やドラマが見放題で配信されることは、ほぼありません

例えば、「この前公開された映画そろそろ配信されないかな」と期待していても無駄ってことです。

ただし、Amazonには配信作品をレンタルや購入するコンテンツもあります。

映画やドラマの最新作は、買ったり借りたりして下さいってことです。

プライムビデオの配信数はそれほど多くな無いですが、レンタルや購入できる配信数を合わせると7万本以上を配信しているので、その数は専門の動画配信サービスに匹敵します

作品の入れ替えが頻繁に行われる

プライムビデオは、作品の入れ替えが頻繁に行われます

「あの作品後で見よう」と思ってたら、配信が終了していて見れないなんてことが、たびたびあるんですよね。

まあ逆を言えば、「こんな作品が配信されたんだ」ってこともあるのですが、一概には悪いとは言えないんですけど。

数年プライムビデオを利用して感じるのが、プライムビデオは、人気のある作品の配信は残して、人気の無い作品を入れ替えをキチンとしているところです。

ここに関しdては、流石はAmazonと言ったところですね。

見ようと思ってた作品が配信されてなかった時はショックだったな…

動画配信サービスとしての機能面が物足りない

プライムビデオを利用していて、動画の検索機能や再生機能に物足りなさを感じることがあります。

検索機能はAmazonの商品検索を使っているはずなので、ネットショッピングとしては最適なんでしょうけど、動画検索機能としては使いづらいですね。

再生機能も、早送りや巻き戻しなど最低限の機能はありますが、倍速再生や操作性にも不満があります。

あと自分の好みに合ったおすすめの作品を提案してくれるレコメンド機能も無いですし、

他の動画配信サービスと比べてしまうとな…

広告が邪魔に感じる

プライムビデオの作品を再生すると、作品の開始前に広告が挟まれます

この広告がちょっと邪魔なんですよ…個人的にはこれが一番の不満です。

早く作品が見たいのに、数十秒のもちろん広告はスキップもできますが、スマホやリモコンを操作するのも結構な手間になるんですよね。

広告が無くなるなら、追加で料金払ってもいいぐらいウザイですよ。

確かにあの広告は邪魔だな

国内ドラマの配信は少ない

プライムビデオの国内ドラマの配信は少ないです。

プライムビデオ以外の動画配信サービスの中には、放送中のドラマを配信しているところもありますが、プライムビデオにはありませんし、過去のドラマ作品も少ないです。

もともとが海外のサービスってのもあるでしょうが、国内ドラマを見たいって人にはオススメはできませんね。

ただ、アニメはそこそこの数が配信されており、放送中のアニメも配信されているので、アニメ好きなら満足できるでしょう。

だが、オリジナルのドラマは面白い作品があるぞ

Amazonプライムビデオのデメリット・不満点まとめ

プライムビデオのデメリットや不満点を書いてきましたが、動画配信専門のサービスと比べるとって話しなんですよね。

プライム会員の特典の1つの上に、あの安価の料金ってことを考えると、どれも我慢できる範囲です。

毎日、「映画やドラマを見たい」とかじゃなければ、充分な内容と言えるでしょう。